皮脂

お肌の新陳代謝を促してくれる果物のビタミンC

皮脂からイメージされるのはやはりニキビですよね。皮脂はニキビの元となるアクネ菌のエサで放置すればニキビの温床になります。ですが、皮脂が少なすぎてもカサカサ肌になりかねませんので、適度に残しておかなくてはなりません。

しかし、多すぎても肌がテカテカしてしまい困りものです。皮脂の分泌が多くて困っている方は食生活を見直してみましょう!

まず、揚げ物は美味しいですが、控えたいものです。脂質は代謝しきれないと、お肌に逃げ道を求めて吹き出てきてしまいます。お肉も、べるなら豚肉がおすすめです。ビタミンB2が豊富で脂質の代謝を促してくれます。

脂身が気になるところですが、調理方法を工夫すればいくらでもヘルシーになります。他には納豆や乳製品やうなぎなんかにもビタミンB2は多く含まれています。好き嫌いはあると思いますが積極的に摂取したい食材です。

お野菜や果物も胃腸の働きを整えてくれるので、お肌の皮脂コントロールに役立ちます。中でもバナナは栄養価も高く繊維質も豊富なので、効果が期待できるでしょう。

果物には基本的にビタミンCが多く含まれていて、お肌の新陳代謝を促してくれます。レモンやアセロラなど酸っぱいものに多く含まれていますが、たくさん食べる事が難しいのでなかなか摂取しづらいかもしれません。そんな時には短期的にサプリメントを利用しても良いと思います。

普段の食事に気を使い、果物、野菜、良質な脂を摂って健康的なお肌を手に入れましょう。