皮脂

肌に近いPH値の弱酸性石鹸

弱酸性の洗顔料は、乾燥肌の方に相性がとても良く合うでしょう。酸性である皮脂が出にくい乾燥肌の方は、アルカリ性(塩基性)の肌になってしまいます。肌は、中性に保つことが大切なので、弱酸性の洗顔料を使って中性の肌に戻すことが美肌のポイントとなります。

ただし、酸性が強ければ強いほど良いわけではなく、酸性が強すぎるとニキビなどの肌トラブルの原因である、酸性の肌質に成ってしまう場合がありますので、注意が必要です。

また、カサカサな肌の度合いによっては、洗顔料の酸性の強さを変えることも大切なので、とても弱い酸性のものから試しに使うようにしてください。

肌によっては、皮脂量が多く、水分が不足している場合があります。そんな場合は、乾燥肌でありながら酸性の肌質である事もあるので、鏡などを用いて見極めるようにしましょう。

洗顔後タオルで拭いたすぐの状態でも、肌が突っ張る感じがする上にテカってる場合は、乾燥肌でありながら酸性の肌質である場合が多くあります。

こういうタイプの方の場合、弱酸性の洗顔料とは相性が悪い傾向が強いため、アルカリ性(塩基性)の洗顔料を使うようにし、化粧水などで保水力をあげるようにすると、とても良いです。