皮脂

皮脂の分泌が多い方や多い時期は乳液は不要

皮脂で顔がヌルヌルしているのに乳液は必要なのかと考えた事はありませんか。

乳液は必要な人とそうでない人がいます。というのも、皮脂を多く分泌する人とそうでない人がいるからです。

皮脂も乳液も肌を乾燥から守るためのものです。それだけでなく、乳液は肌の潤いに蓋をする役割もしています。つまり、皮脂が正常に分泌している人でなければ乳液を使った方が肌は潤うことになります。

洗顔をすると肌の汚れと一緒に皮脂まで洗い流してしまうので、肌を乾燥から守るために化粧水をつけます。しかし化粧水だけでは、つけた化粧水がすぐに蒸発してしまいます。

そこで、乳液をつける事で化粧水の蒸発を防ぐ事ができます。化粧水が蒸発してしまうと、肌は乾燥していると考えるようになり、余計に皮脂を分泌してしまいます。肌が乾燥気味だと思ったら乳液は使うようにした方が良いでしょう。

しかし10代ならば皮脂の分泌が活発です。そこで乳液をつけてしまうと余計にヌルヌルしてしまうため化粧水だけで十分です。大人になって適量の皮脂が分泌されてないのであれば乳液は付けた方が良いでしょう。