皮脂

皮脂が酸化して角栓や黒ずみにならないように

誰もが子供の頃は顔も小さくすべすべで、シミひとつなく凄く綺麗な肌だったと思います。大人になると新陳代謝も落ちて、外出時の日焼けが回復しなくなりシミができたり、鼻には黒ずみができることもあるでしょう。

年齢と共に新陳代謝が落ちてしまうのは仕方がない事ですが、手入れをしないと皮脂が酸化することが原因でいろいろな肌のトラブルが起こってしまいます。その一つが角栓や黒ずみです。

角栓や黒ずみは皮脂と汚れが混じり合ったものが酸化して出来る堅い脂肪の塊のようなもので、鼻の頭に出来るとブツブツになってしまいます。見た目も良くない上に衛生的にもよくありません。汗をたくさんかいたときや、脂っぽいと感じた時にはかならず洗顔して、余分な皮脂を残さないようにしましょう。

もし、角栓が出来ても指で挟み込んで無理に取らのは禁物です。肌を傷めるだけでなく毛穴が広がる原因になります。その行為を続けていると角栓が大きくなりさらにブツブツが目立つようになります。個人差はあると思いますが、頻繁に角栓を取るパックを使っても同じように毛穴が広がり、角栓が溜まりやすくなるばかりか毛穴の広がる原因になります。

角栓も黒ずみも数日で無くすことを考えずに数カ月単位で処置するように心がける事が大切です。毎日、顔の汚れを取るために洗顔するだけでかなり変化があります。ただし、洗顔は適切な洗顔方法で行うようにしてください。ゴシゴシ擦ったり、洗浄効果が高すぎる洗顔料で洗い続けることは避けた方が良いでしょう。

化粧をする日、しない日で洗顔方法も変えた方が良いですし、水だけの洗顔にする日も取り入れると、なお良いと思います。毎日の汚れを落とす洗顔をきっちりして角栓や黒ずみを解消しましょう。

当サイト皮脂についての運営情報

当サイト皮脂については基本リンクフリーです。また、使用している画像やイラストを許可なしに使用、引用することは禁止しておりますのでご理解のほどよろしくお願い致します。

当サイトは吟味した内容を掲載しておりますが、内容やリンク先は各自の責任のもとで情報をお役立て下さい。出来得る限りの注意をしておりますが、情報を元にしたトラブル等については一切の責任を負うことはできませんので、あらかじめご了承ください。