皮脂

皮脂の過剰分泌はよくない生活習慣とホルモンバランスの崩れから

皮脂が過剰に分泌してしまうとニキビの原因になります。そのため、ニキビを予防したければ、皮脂がなぜ過剰に分泌されるのか理解する事が大切です。

皮脂は肌の美容にとって大切なものです。皮脂がないと肌の水分が逃げてしまい、肌はカサカサに乾燥してしまいます。そのため、肌は皮脂を適度に体外に出すように働きかけています。それが過剰に分泌されてしまうのは、体内に脂が必要以上にあるためです。それは、食事によって体内に入り込みます。

揚げ物やファーストフードは油の固まりともいえるぐらい油を吸収しています。揚げ物を料理した事がある人なら分かりますが、天ぷら鍋の油は揚げ物をする前とした後では量がまったく違います。それだけ食材が油を吸収しているんです。

そしてそれを体内に取り込むと、肌が余った油を体内に排出しようとし、皮脂が過剰に分泌されてしまいます。

しかし油を使わない料理を食べればいいという訳ではありません。先ほども述べたように、皮脂がないと肌の水分が逃げていってしまいます。そのため、適度に油を摂取する事が大切です。

具体的には、ファーストフードやポテトチップスなどを避けて、食事をする時は揚げ物より焼き物を選ぶようにしましょう。

また、運動不足や暴飲暴食でも皮脂は過剰分泌させてしまいます。その他にはホルモンバランスの異常や睡眠不足、タバコの吸い過ぎもよくありません。お酒には多くの糖分が含ませているため飲み過ぎは禁物です。

思春期のホルモンバランスの崩れでもない限り生活習慣を改善すれば皮脂の過剰分泌は収まるので。不摂生は慎み規則正しい生活を心掛けましょう。