皮脂

皮脂は保湿剤たっぷりの化粧水と美容液でコントロール

顔の皮脂によって、化粧崩れを気にする方は多いでしょう。化粧直しの時についつい油取り紙で、せっせと皮脂を取り除いていませんか?

実は、それがますます皮脂を過剰に分泌させる原因になってしまうのです。つまり、皮脂は肌から乾燥や老化を防ぐ、天然のクリームなのです。ところが、油取り紙で必死に皮脂を取るのは、肌にとても負担をかけてしまいます。油取り紙は固いので、肌を傷つける原因になります。

また、皮脂を取り過ぎると、肌は「まだ皮脂が足りないから、守らなければ!」と勘違いをして、ますます皮脂の分泌を増やす結果となってしまうのです。油性肌の原因の1つに、乾燥が上げられます。

肌の角質層まで水分が行き渡っていないと、肌が皮脂によってその乾燥を防ごうとするからです。そのため、皮脂分泌の多い方は、丁寧に洗顔した後、まず拭きりタイプの化粧水で、落としきれなかった古い角質を取り除きましょう。その後、たっぷりと保湿をしてください。

セラミドやヒアルロン酸が配合された化粧水を使うと、肌が潤いますよ。「肌がべたつくのは嫌」と言う方は、サッパリタイプの化粧水を使うと良いでしょう。保湿力は、サッパリもしっとりも同じだそうです。美容液は、皮脂分泌をコントロールしてくれる、ビタミンC配合のものが良いでしょう。

ビタミンC配合の美容液ならべたつかずに肌を潤すことができ、毛穴を目立たない効果もありますし、ニキビの予防にもなります。ただ、油性肌で気をつけたいのが、洗顔による、皮脂の取りすぎです。先にあげたように、皮脂はお肌を守る天然のクリームですから、取り過ぎて乾燥などしないよう、気をつけくださいね。