皮脂

皮脂が多くても肌のトラブルがないならクリームは使おう

お顔がオイリー肌だと油分を含むスキンケアを避けたくなりませんか?オイリーなのに油分なんてニキビの原因になると思う方も多いかもしれません。

ただ、オイリー肌にクリームをつけない方が良いと思い込むのは間違いです。オイリー肌とはどのような状態なのかを理解すれば理由が分かると思います。

まず、お肌がタンクだとすると、問題がない肌やみずみずしいお肌は、このタンクに水分と油分がちょうど良い量で100%入っています。

水分が減ると足りない分は油分が増えて100%になろうとしますので、油分の分量が増えてしまい結果的にオイリー肌になってしまうことになります。これがオイリー肌の正体です。

つまり、オイリー肌の皮脂を抑えるには水分を補給することが大切です。ただ、化粧水でたくさん水分を補給しても体温や室温で蒸発してしまいせっかくたっぷり補給しても乾燥してしまいます。

そこでクリームを有効活用すると、油分が補給した水分の蓋になり乾燥を防いでくれます。乾燥しないので皮脂も必要でなくなり過剰分泌を防ぐことになります。

ただし、油分を加えればいいというわけではありません。もし、肌トラブルが起きている場合にこってりとした油分をつけるとベタベタしてしまい逆効果になってしまいます。

ニキビなどの肌トラブルが起きている場合は保湿剤が多めのさっぱりした物を少量手のひらで薄く伸ばす程度が理想的でしょう。または油分の入っていない美容液を使っても良いと思います。