皮脂

皮脂を落としすぎないクレンジングが大切

老若男女問わず、スキンケアにおけるクレンジングは基本中の基本です。皮脂や汚れは毎日発生しますし、お手入れをしなければ蓄積していくばかりなので、日々のお手入れをしっかりして皮脂や汚れを落とすようにした方が良いでしょう。

身だしなみやお洒落気にする人はもちろんのこと、無頓着だと自覚している人もクレンジングは習慣化しておいた方が良いと思います。

クレンジングやお顔の汚れを落とすとなると、皮脂や汚れを徹底的に落とさなければと思う人が多いと思います。

クレンジングやスキンケアで大事なのはもちろん、皮脂や汚れを落とすことなのですが、皮脂や汚れを落とすにも“適度なクレンジング”“適度な皮脂落とし”に注意しなければなりません。

実は皮脂というのは、皆さんが思っているよりもお肌にとっては必要なものだったりします。あまりに多い皮脂はニキビや肌荒れのもとですが、お肌を健康に保つ・お肌の潤いを保つという点において皮脂も大切になってきます。

クレンジングでゴシゴシ皮脂や汚れを落としすぎて、洗い上がりに乾燥肌になっていたりカサカサしたりするという時には、皮脂の落としすぎも考えられます。

お肌の肌荒れやカサカサを感じるという方は、皮脂や汚れを落とすだけでく皮脂を落としすぎていないかという事も気にかけてみてください。

お値段は張るかもしれませんが、弱酸性または中性のクレンジング剤でヒアルロン酸などの保湿成分がたくさん入ったものが望ましいです。