皮脂

ニキビなどがあり雑菌をしっかり洗浄するには弱アルカリ性の石鹸がおすすめ

アルカリ性の洗顔料は、脂肌(ニキビ肌)の方におすすめです。

人の皮脂は酸性で、皮脂量が多いために強い酸性に成ってしまった顔は、ニキビなどの肌トラブルが起きやすくなってしまいます。ですので、脂肌(ニキビ肌)の方は、アルカリ性の洗顔料を使うことをお勧めします。

表示の仕方によっては、アルカリ性を塩基性と書かれている場合がありますが、より科学的な言い回しなだけなので、特に違いはありません。

また、肌を触っただけで皮脂がベットリと付いてしまう場合は、アルカリ性(塩基性)のより強い洗顔料を、そこまで酷くなく、少しテカるぐらいなら少しアルカリ性(塩基性)である洗顔料を使うようにすると、より肌に良いでしょう。

肌は中性の状態に保つことが大切なので、アルカリ性(塩基性)が強ければ強いほど良いわけではないので注意してください。その見極め方として、アルカリ性(塩基性)が弱いものから使っていき、だんだんと強めて見極めるようにするといいでしょう。

自分の肌に本当にあっている洗顔料ならば、洗顔後すぐに肌質が良くなったような感じがしますので、様々な洗顔料を試してみることをおすすめします。

皮脂が取られすぎないように程々に洗顔して、それでも突っ張るような感覚がある場合は、洗顔料が悪いわけではないので洗顔料を変えるのではなく、化粧水で解決するようにしてください。