皮脂

皮脂は適量が肌に一番いい!

朝起きた時に顔を触ったりすると、油でべたつくことがありませんか?それが皮脂です。皮脂は必要があるので出てきているものでもありますが、しかし油断をすると過剰に出てくる困りものでもあります。

皮脂が出てくる原因は、ホルモンバランスの乱れ、糖質と皮質の過剰摂取、お手入れ不足や洗顔不足による毛穴の詰まりなど様々です。皮脂は髪の成長を促し、肌を紫外線などの刺激から守ってくれる役割を持っています。

皮脂は汗と組み合わさることで弱酸性の皮脂膜へと変化し、細菌が繁殖しにくい環境を作り、肌を清潔に保ってくれています。 それと同時に水分の蒸発も防いでくれるので、肌の潤いも保ってくれるのです。

ただし、皮脂膜には汚れやすいという欠点もあります。油の膜なので、空気中の埃や塵を簡単に吸収してしまい、それらが皮膚の水分や油分を奪い取ってしまいます。外出後に皮膚ががさがさするのは、これが原因です。

皮脂は正常に分泌されていれば問題はありませんが、食生活の乱れや不規則な生活などにより、分泌のバランスが崩れてしまうことがあります。過剰分泌された皮脂は洗顔やシャンプーで取り除くことが難しくなり、顔や頭皮の毛穴が詰まったりもします。また、ニキビが出来たり薄毛になったりすることがあるので気を付けましょう。

当サイト皮脂についての運営情報

当サイト皮脂については基本リンクフリーです。また、使用している画像やイラストを許可なしに使用、引用することは禁止しておりますのでご理解のほどよろしくお願い致します。

当サイトは吟味した内容を掲載しておりますが、内容やリンク先は各自の責任のもとで情報をお役立て下さい。出来得る限りの注意をしておりますが、情報を元にしたトラブル等については一切の責任を負うことはできませんので、あらかじめご了承ください。